日々ノロノロパタパタ2号

塩漬け肉(仮あとで削除予定)

コレね。
豚肉に、重量の5%の塩をまぶし、出来るだけ空気に触れない状態で冷蔵庫においておきます。
ドリップ(肉から出る水分)を頻繁に取って、菌の繁殖を防ぎます。
ある程度まで行ったら、ラップしておいておきます。
使うときは流水で45~1時間ほどさらして、塩抜きをして使います。
旨味がスゴイッすよ♪
d0066366_22123944.jpg

[PR]
# by michinoyume | 2005-06-21 22:12

本格始動

色々ゴタゴタも解決し、心の整理もつきました。

ちょっと前の自分はとっても情けなかったです。
なにがあっても「アレはもともとアレだからできるんだ」とか、出来ない言い訳ばかり。
スゲー嫌な情けないやつだった。

今はグルっと考え方も変わった。元に戻ることはもうないかな。たまには褒めてやりたい自分。

今はもっと力強く、自分の理想に向かって何が何でも手に入れてやるぞという気持ちです。

さあ頑張りなおすか。一度死んだと思えば何でも出来るね。今までと全く違う分野に飛び込むからなぁ。
やったるぜ!って気持ちです。ああ、こんなボク大好き・・・。

さて、今日の晩御飯。
家族が中華を食べたいというので、炒め物と味噌汁w

材料は・・・・

余ったニンジン1本、タマネギ1個、ゴーヤー2本、ピーマン3個、豚肉(腕肉)500g、塩、醤油、オイスターソース、酒、紹興酒、片栗粉、ごま油、サラダ油、ニンニク、しょうが。

豚肉、ニンジン、タマネギ、ピーマン、ニンニク、ゴーヤー2本、しょうがをそれぞれ切ります。
形はなるべく同じぐらいに。火の通り加減をそろえるためです。



豚肉はショウガの絞り汁、醤油、塩、オイスターソース、ごま油、サラダ油、お酒で下味をつけて、片栗粉を少し入れて混ぜておきます。
肉に味を染み付かせることもできまっせ<片栗粉
肉にしっかりした味をつけておくことで、失敗しなくなります。

中華で味がぼやけるか、味が濃すぎるって経験ある人いますか?
大体が肉の下味の加減が美味く行ってないからだと思ってください。


ショウガの千切り、ニンニクのスライスをフライパンで炒めます。
ここらへんはイタリアンと一緒で、ガリガリにしないでおきましょう。
肉を入れて、ほぐすように炒めます。

炒めたら野菜を入れて、サッと混ぜたら蓋をします。家庭用の火力だとこれが限度。
中華鍋無いときはコレがいいです。
ちなみに、野菜を湯通しとか油通しをすることで先に準備する場合があります。
油通しはめんどくさいし、湯通しは野菜の香りと旨味が逃げます。ボクはあまりやりません。

肉から油が染み出たら、強火にしてサッと混ぜ、蓋をしましょう。
蓋で蒸らすことで野菜から最小限の旨味の逃げで、火が通ります。

強い火力と、鉄鍋があれば是非、鍋をあおって火を通す方が美味しいDEATH

最後に、あわせ調味料を用意します。
水少々、醤油大さじ2、塩小さじ2、オイスターソース大さじ2、紹興酒少々、を混ぜ合わせて、片栗粉を入れて混ぜておきます。味見をして「濃いな・・」って味であとは量を調節してください。

火力を最大にして、フライパンの淵から廻すように合わせ調味料を流し込み、煮立たせます。
そうすることで、片栗粉の多糖類が架橋を形成します。何のことやらワカラン人は「多糖類のゲル化」などに関する資料をどうぞwいつか時間あるとき紹介します。昔やってた研究分野ですw

サッと混ぜてごま油を少々廻しかけて出来上がり。

d0066366_2215252.jpg


かなりおいしゅうございました。
家族も大満足そうです(ボクにはそう見えるw)
[PR]
# by michinoyume | 2005-06-21 22:03

3日で

3日で四時間しか寝てませんw
いろーんなことが一気にドッと来て、クタクタです。

一気にドンゾコもあり、一気に女神に救われもあり、人生ワカランもんです。

「今が底だな・・・・」って思えたらもう勝ちですね。
あとは登っていくだけ。

たくさんのことがたくさん一気に押し寄せて、色んな自分を洗い流してくれました。
これらに関わった全ての問題達に心から感謝。
ありがとう。また一つ、強さを手に入れました。

また、凹んで行き場が無いボクは、ここに書き込みに逃げにきますが、適当にスルーしたいときはどうぞ気にせずにw

今日は画像なしw
[PR]
# by michinoyume | 2005-06-20 06:37

再度


最近、立て続けに色々問題が起こり、そして積み上げてきた全てがゼロに戻ります。徒労と放心ばかりです。
しかしゼロに戻ったとき初めて見えることがたくさんあります。

その瞬間の辛さは耐えがたいものがありますが、耐え抜いた先には必ず得るものがあると確信があるので、なんとかやっていけそうです。

弱り目に祟り目というけど、まさにその通りかな。とことん辛いことばかりのここ数ヶ月でした。
そんなときに本当に必要で、本当に助けになってたものが見えるんだなと思いました。
本当に感謝することが出来ました。

お陰様でしっかりとした次が見えてきました。自分のすべきことが見え、自分が理想とするものも手に入りそうです。ボクは幸せだな。

いつも人様より一歩遅れて、人よりもゆっくりしか歩めない人生。悔しいことだらけです。

でもそんな人生にも希望はたくさんあるんだと、今日は思えます。


さて、今日は煮物は普通の作ったので、サラダをちょっと。

パプリカとエリンギのサラダ

材料:パプリカ丸一個、エリンギ3本、オリーブオイル、バルサミコ酢、刻んだアンチョビ3枚、塩、水少々。

パプリカは丸一個アルミホイルで包み、200度のオーブンで15分間焼きます。
焼けたらアルミをはぎ、コンロの直火で表面を焼きます。
ちょっと冷ますと簡単に皮がむけるので、全部剥いたら中の種を取り、適当に切ります。

d0066366_3323066.jpg


エリンギは同じぐらいのサイズに切り、同じく200度のオーブンで10分間焼きます。

ドレッシング:ボールにバルサミコ酢、オリーブオイル、塩、水少々を入れて、泡だて器でしっかり混ぜて乳化させます。
あとは刻んだアンチョビ混ぜてでけ上がり。



肉厚なパプリカが手に入ったので、この方法でやりました。凄く美味い!
パプリカは甘くてジューシー。まるで果物のようです!ピーマンとは違うので、試してもらいたい一品です。

網があれば、炭火や直火で表面がこげるぐらいじっくり焼いて、それから皮を剥いても大丈夫ですよ。
[PR]
# by michinoyume | 2005-06-19 03:38



貧しき中にも食の喜びあり。
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31