日々ノロノロパタパタ2号

シアトル滞在記⑤

えー、久々に仕事と家庭と周りの人と為替のこと以外を考える時間が出来たので、更新させて貰いまする。

今から思ってもシアトル、とっても楽しかった・・・・。と回想に浸りながら滞在記⑤!


さて、この日はもうお仕事というか、わが夢の作業は終えてオフだったので、一日色々連れてって貰いました。
マーサーアイランドは湖に浮かぶ大きな島です。島から見たシアトルの町並みです。

シアトルの町
d0066366_23322880.jpg


映画で見るような景色です。ホント・・・オレ、アメリカ来たんだ・・・・・ってシミジミ感激しました。
これからドンドン海外行くけど、最初がシアトルでホント良かった・・・・。

さて、ちょっとした住宅街のど真ん中にあるのがコレ。
ブルースリーのお墓です。隣のやつは息子、ブランドン・リーのお墓です。
d0066366_23411470.jpg

親子代々、夭折ですね。勿体無い親子です。親子共々ファンだったんですけどね。
未だにお墓参りのかたがたが結構います。
ボクが行った時は中国人らしき方々がお参りしてました。

さて、その後ランチ。美味しいヤムチャバイキングがあるとのことで連れてって貰いました。
中華料理ノーブルコート(豪苑)というお店です。老舗らしく、客は皆架橋っぽかったです。
たまにいるアメコウ一族が煩くて邪魔臭かったです。まあ、ご飯が出てきたら気にならなくなったんですけどね。
画像はえび餃子となんだかワカラン葉っぱの炒め物です。
こ、これがまた美味い!!海老が明らかに新鮮!!
さすが港町シアトル・・・・恐るべし!!!
d0066366_23343082.jpg

歯ごたえプリップリ。赤ん坊のような歯ごたえです。赤ん坊食べたことあるんかいな。

続いてこれです。粽やらカニシューマイやら、なんだか米のもちで海老を来るんだやつです。
とにかく美味い。何だこの味は!?こんな美味いの食べたこと無い・・・・。
d0066366_23345028.jpg

ベースに使ってるスープが半端じゃなく美味いです。湯(タン)一つでここまで変わるんだなぁと、感激しました。ションベン漏らしそうでした。

続いてなすのひき肉揚げと肉ミソなどです。ああ、スゲ-美味い・・・・。
この地点で狂ったように食べてます。スピードは店内一です。天下一武道会があったら優勝しそうな勢いです。
d0066366_23351373.jpg


かなり色々あったのですが、途中から食べるのに夢中で我を忘れました。最後にこれです。そう、マンゴープリン。
カップに入ったやつを一度湯銭に入れ、すこし溶けたら皿に盛り、練乳をかけて出来上がりです。どれどれ・・・・・・
d0066366_23353844.jpg

ぐわ!なんだこの!美味さ!参った・・・・・。
んー、マッタリとした練乳の甘さの中に香るマンゴーのエキゾチックなファンタジスタがとってもテクニカルチャートでした。

かなり食うだけ食って、一人チップ込みで2000円ぐらいでした。ぶっちゃけあり得ません。
東京でもこんな美味しいの食べるとしたら、いくらかかるやら・・・・。


家に帰って一眠りし、夕方の町へ。どうせならということで、ダウンタウン手前の華僑街でお食事です。
フォーやらなんやらなんでも食べられそうな町です。ちょっと廃れてて怖いんですけどね。
ぶっちゃけ、連れて廻ってくれた人のほうが怖いので大丈夫だと思いました。
そこで入った店が北京ダックとワンタンメンの専門店。
どれどれ、初めて見るぞ?とのことで楽しみです。

入ってすぐ右手にあるのがこれ。ぶら下がりダック。
見事みんな絞首刑です。下には斬首刑さんも転がってます。
d0066366_23355890.jpg


かなーり美味そうです。
でわ注文を・・・・一匹丸ごとです。どれどれ・・・・・。
d0066366_23362166.jpg


ウマ!香ばしい!あま!もう、言うことナスです。

次にワンタンメン。なんだか独特で、麺が細くて美味しかったです。
うわーうめー・・・・。何だこのワンタン・・・・誰だよ・・・シェフ呼んでシェフ!
d0066366_23363928.jpg


とにかく腹いっぱい食べました。
スゲー美味かった。
帰ってからは泥のように寝ました。

色々動き回るよりも、食べるほうにエネルギーを注いだ一日だった気がします。
続く。
[PR]
by michinoyume | 2006-02-26 23:49 | オフ
<< シアトル滞在記⑥ シアトル滞在記④ >>



貧しき中にも食の喜びあり。
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30